laravel レイアウト

sectionとyeildは対になっている。
テンプレート側で、yieldを入れておくと、実体側のsectionを読み込む。

テンプレートの読み込みはextendで行う。
@extends(‘layouts.common’)
viewsフォルダの下のlayoutsフォルダの中のcommon.blade.phpを継承する。