tweetする

<a href=”https://twitter.com/share?text=神曲10%0A<?=__($tweet); ?>%0A&url=https%3A%2F%2Fclutch10.com&hashtags=%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%86%E3%83%B3 ” class=”twitter-share-button” data-show-count=”false”>Tweet</a><script async src=”https://platform.twitter.com/widgets.js” charset=”utf-8″></script>

MAMP 設定

apacheのドキュメントルートの設定は、こちらです。
C:\MAMP\conf\apache\httpd.conf

phpMyAdminのアドレスはこちらよ。
http://localhost/MAMP/index.php?page=phpmyadmin&language=English

e-tax

利用者識別番号

セコムパスポートの中間証明書
セコムパスポートの中間証明書
これを、キーチェーンアクセスに登録する。
作業をするパソコンが限定されるな。

レスポンシブテーブル

tbodyをdisplay:flex:にして、trをそれぞれflexのアイテムにしてしまう。
それからtrの中身をdisplay:block;にする。

テーブルのタグを使っているのだけど、実際はフレックスボックスとして表示される。

メディアクエリでflexをはずしてやると、元のテーブルとしての表示になる。

Azure Cognitive Services

サブスクリプション
支払いの設定

リソース

Anomaly Detector
異常検出
時系列データをAPIで送り続けることで異常の発生をアラートしてくれる。


git概念

ワークツリー(作業ツリー)

gitの管理下にあるフォルダのこと。
おそらく、=ローカルリポジトリではない。
ローカルリポジトリというのは、ワークツリーからインデックスを経てcommitされたものがローカルリポジトリにたどり着くというイメージ。


インデックス(ステージングエリア)

リポジトリにコミットする準備のための場所。
ファイルをコミットするために、インデックスというフォルダにファイルを登録する。

Twitter Developer

https://developer.twitter.com/

appを登録する。(デベロッパー登録?)
登録するとメールで、審査結果が送られてくるけれど、記載内容がイマイチな場合はメールで追加質問が送られてきて、7日以内に返信をしないと以降の一切のアプリ登録などができなくなる。

アプリ(App)の登録に必要な項目
・サービスのURL
・利用規約のページ
・プライバシーポリシーのページ
・コールバックのURL

組織名と組織のURL(運営会社の情報)

配列を作るなど

js

var foo = new Array();

配列を作成する。newなので、Arrayクラスをインスタンス化している。だからfooはオブジェクトということになる。

var foo = new Array(‘リンゴ’, ‘バナナ’, ‘イチゴ’);
var foo = [‘リンゴ’, ‘バナナ’, ‘イチゴ’];
コンストラクタになる。ちゃんと理解しろ。このへっぽこ野郎。

foo.length; //これで配列の数が返ってくる。
foo.fill(0); //配列の中身を全部0にする。

var result = foo.indexOf(‘リンゴ’);
配列を検索してインデックス番号を返す。

foo.push(‘トマト’); //配列を追加する

連想配列の扱い

var foo = {ringo: ‘りんご’, banana: ‘バナナ’, strawberry: ‘いちご’};

foo.ringo = “りんご”;
foo.banana = “バナナ”;
foo.strawberry = “いちご”;

foo[‘ringo’] = “りんご”;
foo[‘banana’] = “バナナ”;
foo[‘strawberry’] = “いちご”;

上の3つ。結果は同じ。

delete foo[‘りんご’]; //配列の削除

$(‘.rsvFlag’).each(function(index) {
$sendText[index] = { date : $(this).data(‘date’) , order : $(this).data(‘order’) };
});

Seederでダミーデータを入れる

LaravelのSeederを使う。

make:seederでシーターのファイルを作成して、データベースにinsertする記述を行う。
composer で dump-autoloadをして、DataBaseSeeder.phpに登録を行って、実行をするのだけどうまく動かない。

クラスがdose not exit.です。

composerを使う

ロリポップでコンポーザーを使う。
PHPにパスを通すことができないので、PHPの場所を指定して使う。

$ /usr/local/php7.1/bin/php composer.phar dump-autoload

composerではなく、composer.pharなのがなぜか?

Laravelで新しいクラスを作った時に、dump-autoloadしないといけないのだけど、だいぶ苦戦する。面倒。
dump-autoloadは、パスを通すようなことをしているのだと思う。

composer.jsonに、新しく作ったクラスファイルを置いているファイルのパスを追記する。
{
“require”: {
“google/apiclient”: “^2.0”
},
“autoload”: {
“classmap”: [“kobeu/kcs/app/Libs”]
}
}
requireは最初から書いてあった。autoloadを追記した。
classmapというのは、名前空間?みたいなもの。他の書き方もあって、それぞれメリットがあるようです。この辺りはおそらく深い。
config/app.phpにも、追記が必要。エイリアスaliasの設定も必要。

‘Common’ => App\Libs::class

これを追記した。
追加したクラスは、インスタンス化してから使う。下みたいに。

$common = new Common();
$string = $common->h($string);

Laravel 起動

ターミナルで、「~/homestead」に移動して、「vagrant up」する。
これで起動する。
仮想環境が起動するということ。

hostに登録しているので、homestead.testにアクセスするとLaravelのサイトを見ることができる。
「vagrant halt」すると、仮想環境が終了する。

Laravelをローカル環境に入れる

VirtualBoxをインストールする。

すでに入っているような気がしますので、すでに入っているか入ってないかを調べます。どうやって?
ーーー
わからなかったので、HomebrewでVirtualBoxをインストールします。
すでに入っていたらどこかで怒られるのではないかな。わからんけど。

HomebrewのCaskと言う、何かでインストールしているみたいです。このあたりは本当の本当にブラックボックスで嫌になる。なんでこんなにややこしいのだろう。
ーーー
VirtualBoxをダウンロードしています。でかいっぽい。
(ファイルを見るとubuntuというOSが入っていてこれが4.5GBほどあった)
VirtualBoxのインストールができたので、次はVagrantと言うものをインストールする。
ーーー
Vagrantをダウンロードしてインストールしました。普通にインストールできた。
次は、Vagrantを使って、仮想環境のBoxと言うものを作る。ターミナルでVagrantに、Boxを作ってLaravelのHomesteadを入れてね、と言う命令を入れるとたぶんこれは今、やってくれてるな。

どうやら2時間ほどかかるみたいだ。これはすごいな。
ーーー
SSL_ERROR_SYSCALL, errno 54
このエラーが出て止まっていた。ダウンロードに失敗したみたいなのでもう一度やり直す。
ダウンロードの途中でパソコンがスタンバイに入ってしまったのがまずかったのかな。

2回目で成功した。
ーーー
Homesteadの設定ファイルをダウンロードする。
Github.com/laravel/homestead.gitからクローンする。

Homesteadフォルダに移動してbash init.shを実行する。
これで初期化が実行されたみたいです。
bashはLinuxコマンドで、init.shは、よくわからないけど初期化に関わる何かだと思う。この辺りもブラックボックスでよくない。
ーーー
homestead.yamlの編集をします。
仮想環境の設定みたいなので、自分の環境に合わせて設定をすればいいと思う。
foldersはソースコードを置いておく場所を設定。sitesは、ブラウザで仮想環境にアクセスするときのアドレスとその参照先を設定する。
ーーー
etc/hostsにホストを追加する。
192.168.10.10 homestead.test
ネームサーバと同じ動きになる。
ーーー
vagrantを起動してみたらまたhomesteadのダウンロードが始まった。
おそらく、gitでダウンロードした設定ファイルのhomesteadのバージョンが最初にダウンロードしたhomesteadのバージョンよりも古かったのではないでしょうか。
ーーー
homesteadの古いやつがたぶんダウンロード完了したので、vagrantにログインして、新しいlaravelを作ってみた。
作ってみたところwarningが出ました。なぜ?
homesteadフォルダにあるhomestead.yamlの設定を確認してみよう。

えらい。homestead.yamlのsitesの設定を間違っていた。修正したら「Laravel」って画面に表示されたすごい!できた。
ーーー
できたと思ったらまだだった。
ここから、Laradockというものを入れるためにDockerというものを入れないといけないみたいだ。こんなにたくさん入れないといけないものなのか?
HomesteadはLaravelの環境だと思ってた。Virtualboxを仮想環境を動かすための何かプラットフォームみたいなもの。vagrantはHomesteadを操作するためのもの。
すでに3つ入れているのに、まださらにDockerというものとLaradockというものを入れないといけない。こんな5つも入れないと動かないものなのか。もうちょっとどうにかならんのか。

と思ったら違った。Homesteadでやる場合と、Laradockでやる場合と2種類の方法があるよということだった。すまん。

Androidパッケージ手順

準備
例)
git で masterブランチに入って、pull
develop を master に marge して push.

パッケージ

BuildVariantsが表示されていない場合は、AndroidStudioの左端 BuildVariants をクリック。
BuildVariantsから、BuildするVariantsを選択する。
例)release(本番用など)

メニューのBuildから、Generate Signed Bundle/APK を選択
APKを選択(app storeにアップする場合はAndroid App Bundleを選択する)

keystore ファイルのパスを選択
例)androidフォルダの中に入ってる
keystorepasswordを入力

keyaliasを選択
keyaliasのパスワードを入力

BuildVariantsを選択(ここで選ぶから準備は最初に選択しておく必要はないのでは?)
Signnature Versionを選択(古いバージョンのAndroidで動かすときはV1なのかな)

Finish!

公開鍵と秘密鍵

http://d.hatena.ne.jp/crosshope/20110509/ssh_keygen

SSHサーバーの公開鍵の指紋(finger print)

公開鍵の作り方
https://qiita.com/yshrksg/items/c2d1ef097340e31f8bbc

1.cd ~/.ssh
公開鍵を保存するフォルダに移動する。決まっている訳ではないみたいだけど、一般的にここに作っている。

ここにはすでに鍵が保存されている。
known_hostsには、一度接続されたサーバーの証明書が保存されている。

2.ssh-keygen -t rsa -b 4096
公開鍵を作成する。このコマンドを実行すると、鍵の名前とパスワードを聞かれる。
鍵の名前はファイル名になる。パスワードはおそらく、この公開鍵を使う際の認証で使用するものと思われる。

実行すると.sshフォルダに指定した鍵名称でファイルが作成される。
「filename」 と 「filename.pub」という二つのファイルができる。これが秘密鍵と公開鍵ということだと思う。

公開鍵をsshでやり取りするサーバーに登録する。

これでオッケーだと思う。

gitコマンド

リモートリポジトリのURL
git clone ssh://user@server:60022/home/user/test.git

cloneを作成する。cloneというのはファイルだけではなく、これまでの変更履歴なども全てサーバーの複製を取得するという意味。


git init
空のフォルダに.gitフォルダを作って、gitを使う準備をする。


・ローカルのリポジトリには、masterとorigin/masterの二つのブランチがある。fetchはorigin/masterのブランチを更新する
・origin/masterとは、origin(リモートリポジトリ)のmasterを追跡する追跡ブランチ
・追跡ブランチとは、リモートリポジトリの最新の状態を取得するための影武者

整理
リモートリポジトリの内容をローカルに反映させるための本来の手順は、リモートの内容をいったん追跡ブランチに反映させ、追跡ブランチとローカルの状態を比較して問題がなければ追跡ブランチの内容をローカルに反映させる。
コピーしてそのまま適用させるのはこわいので、手元にリモートの内容のコピーを取得するということを行なっている。

fetchコマンドは、ローカルの追跡ブランチを更新する。これによってローカルの追跡ブランチはリモートのブランチと同一の内容になる。

リモートリポジトリからローカルへのマージ方法
・GitHub Desktopでは、changed filesのchanges内容をdiscardすると、ファイル単位でmergeされる
・Branchメニューから、


commit

(おそらく)ローカル環境で開発を行ったものを、ローカル環境内で決定稿として保存する動作だと思う。commitしただけではリモートリポジトリは更新されない。commitしたものをpushするというもう一つ動作が必要。

git commit -m “コメント”

commitコメントをコマンドで編集しようとするとテキストエディターみたいなやつが現れて大混乱するので、-mで一緒にコメントを登録してしまう方が良い。


push

commitしたらpushする。pushするときにパスワードを聞かれるので入力してあげること。


pull

fetchとmergeを一気にやるコマンド。追跡ブランチにfetchして、追跡ブランチからローカルのブランチに合体させる。


Your branch and ‘origin/develop’ have diverged」

pullしようとした時に、上のメッセージが表示されてmergeできない場合がある。分岐点の異なるcommitをmergeしようとしていることが原因と思われる。こちらのcommitがリモートでmergeされていない場合、それぞれが独自の道を進んでしまってmergeできない。


git add

addコマンドで、指定したファイルがcommit候補に追加される。これはまだcommit候補です。これを指定した状態でcommitすると指定したファイルがcommitされる。


git remote -v

現在繋がってるリモートのアドレスを確認できる。
うっかり思っているリモートと違うところにつながってる場合がある。


git reset –hard HEAD^

これで直前のcommitを消去することができる。
commitの消去というのは、ローカルの変更の消去ということになる。例えばファイルを編集したとか。ファイルを追加したとか。ローカルで操作した内容を取り消したい時は、それがcommitされていれば、そのcommitを取り消すという考え方になる。
commitを取り消すとローカルのファイルも更新される(元に戻る)。ファイルを増やしたというcommitを消去するとファイルも消える(増やす前に戻る)


git checkout

 

Composer

インストール
・SSHを契約して、ターミナルから接続して、Composerをインストール。まではできました。

MW WP Form再送信する方法

ChromeのアドオンのWeb Developer のCookieメニューの「view-cookie-information」をクリック
mw-wp-form_sessionという名前のクッキーをDeleteする。

お名前
[mwform_text name=”your_name” size=”60″]
メール
[mwform_text name=”your_mail” size=”60″ placeholder=”sample@mailadress.com”]
電話番号
[mwform_text name=”your_tel” size=”60″ placeholder=”09099999999″]
お問い合わせ内容
[mwform_radio name=”category” children=”ご相談,見積もり依頼,その他”]
お問い合せ詳細
[mwform_textarea name=”text_area” cols=”50″ rows=”5″]

[mwform_submit name=”send_btn2″ value=”送信する”]

お名前:{your_name}
メール:{your_mail}
電話:{your_tel}
内容:{category}

詳細
{text_area}