WP 順番など

仕組みに関すること。

フックというものがある。
何かの処理のタイミングに、カスタムな処理を引っ掛けることができる。
そのタイミングで実行させることができる。

フィルターフックとアクションフックがある。
add_filterとadd_actionを使って、処理(関数)をフック(連動させる)することができる。

—引用。https://liginc.co.jp/web/wp/customize/92030

add_filter( $tag, $function_to_add, $priority, $accepted_args );

$tag→フックの名前を指定します。
$function_to_add→フックしたタイミングで実行したい関数を指定します。
$priority→優先順位を整数で指定します。同じフック処理がある場合に数値が小さい方から実行されます。
$accepted_args→関数で使用する引数の数を指定します。指定できる引数の数はフックによって異なりますが、複数指定の場合でも1つ目の引数が本来の値で、2つ目以降の引数はフックされた時に利用する為の追加の要素にすぎません。