Laravel データベーステーブルの作成

migrationという機能を使ってテーブルを作ります。
databese/migrations

このフォルダにマイグレーションのファイルを入れる。
プロジェクトのフォルダに移動して以下のコマンドを実行するとテーブルが作成される。

ファイルは、ぜひ、artisanを使いましょう。
$ /usr/local/php7.1/bin/php artisan make:migration create_registrations_table

$ /usr/local/php7.1/bin/php artisan migrate

migrationは、up()でテーブルを作成down()で元に戻す処理をする。元に戻す(?)

すでにテーブルがある場合はmigrateでエラーが出るので、現在あるテーブルを破棄して再度実行する場合はmigrate:freshを実行する。

ロリポップではphp7.1にパスが通っていないので、
/usr/local/php7.1/bin/php
これでphpを実行すると良い。そうでないとエラーになります。

ロリポップでmigrationするとSyntax Errorが発生する。
MySQLのバージョンがよくないということで、下の内容でconfig/database.phpを編集する。
(MySQL5.6ではエラーが出るということ)
‘charset’ => ‘utf8’,
‘collation’ => ‘utf8_unicode_ci’,


NULLを許可する
$table->string(‘init_password’)->nullable();

https://readouble.com/laravel/5.5/ja/migrations.html