Cakeの開発環境作り

GitでCloneする。そこからだ。


MAMPのphpMyAdmin のURLはこちらです。
http://localhost:8888/phpMyAdmin/?lang=en


cakePHPのconfigフォルダの中にあるapp.phpを編集する。
Databasesouceの箇所をローカルのデータベースに繋がるように編集しなければいけない。

その前に、まずデータベースを作らないといけない。
app.phpにデータベースの名前が書かれているので、その名前でphpMyAdminを使ってデータベースを作りましょう。
sqlをインポートする時にはデータベースを指定する必要があります。


cakePHPの3以降は、venderというフォルダーに実行ファイルが入っている。
ローカルに環境を作る際は、環境のフォルダでcomposerを実行してインストールしないといけない。
composer installで自動的に必要なものを入れてくれるみたいです。

composerはインストールする対象を、実行したフォルダにあるcomposer.jsonを見に行って判断しているのだと思う。


リモート環境をローカルに再現する手順は、「データベースをエクスポートしてインポートする」「Gitでファイルを取得してhtdocsの下に置く」「composerでcakePHP3をインストールする」「app.phpを編集する」という4つのステップになるようです。

mysqlコマンド

mysqlの実行ファイルがある場所で実行する。
cakePHPの場合は、Library/binの中にあるので、そこで実行するかパスを通す。

~/.bash_profileに追記
export PATH=$PATH:/Applications/MAMP/Library/bin

設定したあとに
source ~/.bash_profile